夕食のイライラ解消法

一家団欒の基本ともいえる家族揃っての夕食のシーンを考えてみましょう。仕事から帰って座る暇もなく、バタバタを準備してなんとか間に合った夕食。お腹を空かせた子どもに急かされてイライラ、そしてせっかく作ったのに好き嫌いのためなかなか食べずにイライラ。この時のイライラポイントは、まず、子育てではなく、仕事で疲れた状態でご飯を作っている状態にあるのではないでしょうか。

しかし、そのことは直接小さな子どもには関係のないことです。子どもにでもできる簡単な料理のお手伝いをさせて一緒にご飯を作る時間を持てれば、ママも子どもも笑顔になれるのではないでしょうか。小さくてもお手伝いさせることで、料理の大変さや作り方を学ぶ場にもなります。

イライラポイントの2つ目は、子どもの好き嫌いです。ピーマンや人参などの野菜や焼き魚などは子どもの嫌いな物のランキングに常に入っているものです。ママ自身も幼い頃を振り返ってみれば、嫌いなものを食べられなかったという経験はあるはずです。成長とともに克服することができたり、嗜好が変わったりして食べられるようになったものが数多くあることでしょう。子どもに気づかれないように小さく刻んで料理に使ったり、どうしても食べられない物については同じ栄養が摂れる代用食を考えたり、など、解決法はいくらでもあります。